2020AW

2020AWトレンド予測 vol.1

秋冬のトレンド予測を書かなければ…と思いながらも、のんびり過ごしていたら、あっという間に7月!もうすぐ秋冬立ち上がっちゃう!…というワケで、重い腰を上げてパソコンに向かっています。(3月に分析済みではあったんですけどね…)

さて、今回のトレンド予測からは、私が利用しているPinterestのボードをシェアする形で画像をご紹介したいと思います。

ベルベット

3年ほど前にベルベットが大流行しましたが、ベルベットブーム再来…!?2020年秋冬コレクションでもセリーヌ、ディオール、サンローラン、アルマーニなど複数のブランドでベルベットが用いられていました。特にアルマーニの黒ベルベットは美しく、何度も見返してしまいました。

数年前の流行では、日本でもベルベットのパンツが大流行しましたが、今年はジャケット、ワンピース、セットアップ。パンツならバミューダパンツですね。

テーラードジャケット

2020年はレディースもメンズもテーラードジャケットブームです。春夏に引き続き、秋冬もトレンドに。大きめのシルエットが主ですが、セリーヌのようにコンパクトなジャケットも女性らしくて良いですね。

ボトムスとのセットアップも、この秋冬は注目です!

首周りを覆うスタイル

ツイリースカーフ、リボンタイ、ハイネック、スタンドカラーコートなど、首周りを覆うスタイルが目立ちました。特に私が気になるのは、リボンタイとツイリースカーフです。

ツイリースカーフとは、細長い形状のスカーフです。数年前にヘアアレンジ用として流行したので、既にお持ちの方もいらっしゃるのでは?ヘアアレンジの他にも、バッグチャーム、サッシュベルトなど様々な用途に使用できるので、何本か持っておくと便利だと思います。安価なものだと1,000円台~購入できます。私は、この春に2本購入しました!

こちらはサッシュベルトとしても使いやすい、十分な長さです。太さ、長さ、素材、柄色のバリエーションを幾つか用意すると良いですね。

黒&チェック柄

トレンドカラーと呼ぶべきか悩みますが、2020年秋冬のカラーは黒がメインとなっています。2019年秋冬の白~ベージュ系トレンドの反動なのか、コレクションは黒、黒、黒!足元に関しても、ここ数シーズンは茶系が流行していましたが、この秋冬は黒ブーツがマストと言えるでしょう。

柄に関しては、チェックの再来かな…と思います。

ブーツはややルーズフィットに

スポーティなソックスブーツ、ストレッチブーツなどの細身のシルエットは残しつつも、ややルーズフィット流行の兆しあり。シャネル、イザベル・マラン、セリーヌなど、複数のブランドでゆとりのあるシルエットのブーツ提案が見られました。

2020年秋冬マストバイの靴

ここまでの情報を総合すると、私が2020年AWシーズンに新たにお迎えしたい靴は、ややルーズフィットの艶あり黒色レザーのロングブーツ。膝下~ミモレ丈のスカートや長めのキュロットとの相性抜群です!

ブーツ以外のアイテムも、とにかく艶のある黒がオススメです。黒色は靴の定番色ですし、新調して損はないかと…。素材としては、エナメルは艶がありすぎるので、艶ありスムース、ガラス、サテン生地あたりが品があって良いと思います。

2020年秋冬に買ってはいけない靴

トレンドの素材はベルベットですが、ベルベットの靴はオススメしません。毛並みの美しいベルベットは、生地に圧力が加わると毛並みが寝てしまう為、輸送販売過程や自宅保管でキズのような寝癖がついてしまう可能性があるからです。

この寝癖は厄介なので、寝癖がついても目立ちにくいよう、クラッシュ加工されたベロアやベルベットを靴に用いることが多いですが、毛並みが均一ではなく、若干ボサッとした表面感のため、美しい艶のベルベットのエレガントなイメージではなくなってしまいます。

毛並みの良いベルベットは寝癖がつきやすいし、寝癖が目立ちにくい加工のベルベットは美しくない。…というのが、私がベルベットの靴をオススメしない理由です。

以上、私の勝手分析でした。毎回言いますが、あくまで靴企画屋さんの目線で見たトレンドですので…ご参考まで。

ABOUT ME
ナカハマ ナミ
1978年生まれ。工業高専の建築学科を卒業後、大手サッシメーカーに就職。20代は事務職を転々としながら、音楽制作やインターネットラジオの制作運営に明け暮れる。30歳のときにバンタンキャリアスクールで靴作りを学び、靴業界へ転職。現在は神戸市長田区の靴企画会社にて、事務職と企画職を兼務中。
最近の投稿